2006年07月08日

この記事をクリップ! b.hatena.ne.jp/entry 9984 ソフトバンクとの期待収益率の相関

ソフトバンクが個人投資家にとってフラッグシップだと聞き及び、実感するためにちょっと調べてみました。
60日間のソフトバンクの株価変動に対する各銘柄の感応度(いわゆるβ)を確認してみた。なんと相関性の強い銘柄のトップ100位の中に東証1部の銘柄は6つのみで、ほとんどが新興市場。(^^;

相関の強い銘柄の市場別分布
ヘラクレス35銘柄
マザーズ31銘柄
JASDAQ20銘柄
その他14銘柄

βが1を超える銘柄がほぼ皆無であることも旗艦であると言われる所以なのかも…。

ちなみに、時価総額1,000億円以上の相関(60日)上位銘柄は以下の通り。ファンダメンタルよりソフトバンクの株価との連動性が高い銘柄です。

4788 サイバー・コミュニケーションズ
8458 エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ
8701 イー・トレード証券
4314 ダヴィンチ・アドバイザーズ
8868 アーバンコーポレイション
8789 フィンテック グローバル
2337 アセット・マネジャーズ
4835 インデックス
8925 アルデプロ
4321 ケネディクス
8473 SBIホールディングス
8902 パシフィックマネジメント
2432 ディー・エヌ・エー

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gotospace/50557884
この記事へのコメント
詳しく調べたことはなかったのですが、
なるほどなぁという結果ですね。
Posted by hiro at 2006年07月09日 19:05
ファンダを無視した値動きというのはあるところにはあるのだなと、いろいろ調べて実感しますね。
Posted by gotospace at 2006年07月22日 23:38
 (管理人にのみ通知)
 (管理人にのみ通知)
 
月別コラム
スポンサード リンク
逆アクセスRanking
実験中
あわせて読みたい
livedoor Blog
このBlogをはてなRSSに追加 このBlogを
はてなRSSに追加
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
アクセス解析